J.Rockett Audio Designs Archer Select > 7ダイオード in 1

JRADの人気ペダル、Archerシリーズ最新作。

ケンタウルス系ODはコレで決!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

目次

Archer Select

特徴

  • Klon Centaur系
  • 7種類のクリッピング・ダイオードを搭載
  • スピーカーシミュ内蔵D.I.アウト装備
  • グランド/リフト・スイッチ搭載

現在、異常な程価格高騰しているKlon Centaurを基にしたJRADのArcher、そのペダルシリーズの最新作。最大の特徴であり魅力はクリッピング・ダイオードを7種類搭載しており、切り替え可能な点。

側面にはスピーカーシミュレーションを内蔵したD.I.アウトを備え、オーディオインターフェイスなどに直接接続する事により、PCへの単体録音が可能です。また本体中央にグランドリフトスイッチがあります。

まさに集大成的なArcherです。

製品詳細

サウンドハウスで見る
主な仕様
  • コントロール : Output, Treble, Gain, Clipping
  • 電源 : 9VDC
  • 消費電流 : 30mA
  • サイズ : 109(L)×73(W)×46(H) mm
  • 重量 : 約486g

初代銀Archer、金色iKon、ジェフArcherにて使用されているクリッピング・ダイオード3種+他4種の全7種類を内蔵。ダイオードはCLIPPINGノブにて選択し左フットスイッチでオンオフを行えます(オフ時はOA10固定)。

D.I.アウトに内蔵されているスピーカーシミュレーターは英国の4×12キャビネットが基になっており、ペダルサウンドをモニターしたりダイレクトレコーディングが行えます。

個人的に歪み感が凄く好み。1音1音の粒立ちがくっきりとした非常に高品位な歪みに感じます。元々ブースターとしても定評あるペダルなので、アンプメインで音作りする方にも強力な武器になり得ると思います。

少し値は張りますが、コレは欲しいですね。

楽天市場
¥66,000 (2023/04/29 20:47時点 | 楽天市場調べ)

搭載ダイオード

搭載しているダイオードの詳細です。

CLIPPINGノブはロータリー式になっており、右に回す程高出力になっていきます。切り替える事で、音量にも影響が出ますが、コンプレッション感や歪み感などサウンドの質感を変える事が可能です。

ダイオードによる音の違いや好みは弾いてみない事にはなんとも言えませんね。動画でいくら確認してもこの差は中々分かり辛いかと思います。気になる方は是非試奏してみて下さい。

インフォ

●神田商会
https://www.kandashokai.co.jp/flos/j_rockett_audio_designs/products/archer_select.html

●J.Rockett Audio Designs
https://rockettpedals.com/archerselect

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次