DTMとは

DTMのカンタン解説。

音楽をやろう!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

目次

基本

  • DTM…Desk Top Musicの略
  • DAW…Digital Audio Workstationの略

DTMはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で和製英語。海外では「Computer Music」が一般的な呼び方。
DAWはDigital Audio Workstation(デジタルオーディオワークステーション)の略でコチラは海外でも通用します。

DTM ディーティーエム

DTMとは「パソコンを使った音楽制作」のこと。

パソコンをはじめ、いくつか必要な機材はいるものの誰もが音楽を作る事が可能。楽器を弾けなくても歌が得意じゃなくても音楽理論を知らなくても何とかなっちゃう時代です。

DAW ディーエーダブリュ/ダウ

DAWとは「音楽制作ソフト」のこと。

録音、編集、打ち込み、ミックス・マスタリングといった音楽を作る上で必要な作業をパソコン上で行えるソフトウェアのこと。DAWソフトと呼ぶのが普通。

必要なもの

機材

パソコン

コレがなけりゃ始まらない必須アイテム。使用用途や接続機材、ソフトウェアによりパソコンスペックを考慮しなければ後で困ることになる。性能が高い程快適だが、当然価格も高くなる。

Win/Macの違い、CPU性能、HDD容量やSSDの事、DTM以外に必要な性能の見極め等、パソコンの知識があった方が目的に達しやすいのが事実。DTM専用機なら過剰なグラフィック性能とか不要ですから。

オーディオインターフェイス

ボーカル、ギター録音には必須機材。パソコンには基本的にマイクやギターケーブルをダイレクトに接続できる端子はなく、オーディオインターフェイスがそれらの受け口となり、高音質での録音、再生を実現してくれます。

入出力数、レイテンシー(音の遅延)、ノイズ、音質、付属ソフトなど様々な要素が機種毎に異なり、それが価格に転嫁される形です。最近は入門モデルと位置付けられたものでも良質な製品が増えてきています。

マイク

歌や生ギターを録音するなら必要不可欠。沢山の種類がありますが、宅録ではダイナミックマイクとコンデンサーマイクがよく使用されます。自宅録音最大の敵はノイズで環境に合わせたマイク選びが非常に重要。

両者の違いはザックリ言うと、ダイナミックマイクは頑丈でノイズに強くライブに向き、コンデンサーマイクは繊細でノイズに弱いが、感度がよくレコーディングに向く。

モニタースピーカー

音楽制作用スピーカー。良い音で聴くためではなく出音バランスを図るのが目的。特定の帯域が強調・非強調されず、極めて無脚色なモノほど良い。スピーカーの口径が大きい程、低音の再生精度が高くなる傾向にあります。

スピーカーには2種類あり、別途アンプが必要なパッシブスピーカーと、アンプを内蔵したアクティブスピーカーがあります。現在の主流はアクティブスピーカー。パワードモニター等とも呼ばれ数多くの製品があります。

ヘッドホン

モニタースピーカーと同じく原音に忠実でフラットな特性のものが良い。マイクレコーディングやミックス作業など使用する場面が多く、装着感の良し悪しも非常に大切。

ソニーのMDR-CD900STが圧倒的な定番品として有名。

ソフトウェア

DAWソフト

パソコン上で音楽制作が行えるソフト。音声の録音や波形の編集、MIDIデータの打ち込みやプラグインを用いたミキシング等、楽曲制作に必要な作業を一通り行える機能が詰め込まれています。

搭載機能や付属プラグイン等、メーカーごとに特色があります。

ソフト音源

英語では「Virtual Instruments」

実際の楽器のサウンドをパソコン上にて発音できるソフトのこと。ギターやベース、ドラムといったバンド系サウンド、ピアノやオルガンなどの鍵盤楽器、ヴァイオリンなどのストリングス、もはや世界中のあらゆる楽器が何らかの形で音源化されていると言っても過言ではないでしょう。

実際の楽器の音を取り込んだものをサンプリング音源、デジタル技術により楽器の音を精密にシミュレートしたものをモデリング音源と言います。基本的なものはDAWソフトに付属しているのが普通。

プラグインエフェクト

パソコン上(DAW内)で扱えるエフェクトソフト。EQやリバーブ、コンプレッサーなど、実機のエフェクターを忠実に再現したものだけでなく、フルオリジナルのプラグインエフェクトも多く存在します。

高級なヴィンテージ機器はよくシミュレートされますが、近年その再現度はかなり高いものになっていると感じます。ただ決してソフトウェアでは再現不可能な、特別な質感を実機は確実に有しています。

DAWソフトに付属しているもので事足りますが、3rdパーティ製のものはより高品質で扱いやすい傾向にあります。

規格に注意

まったく知識のない状態からDTMを始めようと思ってる方にとって悩みの種になるのが“規格”でしょう。使用するツールを決めるのが最初の一歩目です。

パソコンは「Microsoft社のWindows」と「Apple社のMac」があります。DTM以外の用途でもPCを使用するのであればWindowsがおススメですが、Mac専用DTM関連ソフトは高品質で魅力的。ビット数は迷わず64bitにしておけば問題ないでしょう。

次にプラグインの規格。使用するDAWソフトに対応していないと使用できません。主なプラグインの規格はVST、AU、AAXの3種類。業界標準DAWのProToolsはMac専用でAAXのみ対応となっています。

どのDAWソフトに魅力を感じ使ってみたいか、から入るのが個人的には良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次