Seumour Duncan PowerStage 200 >200Wペダル型パワーアンプ

超小型大出力パワーアンプ。小さいのは正義。

いや、コレはもうアンプです。

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

目次

PowerStage 200

特徴

  • 出力200W
  • コンパクトサイズ
  • 4バンドEQ
  • ダイレクト録音可能

出力は最大で200W。インピーダンスは4~16Ωに対応。幅16cm程のコンパクトサイズながら必要な機能が満載。音色調整は3バンドEQとプレゼンスで行えEQのオンオフ(プリ部スルー)が可能。

背面にはXLR DIアウトがあり、インターフェイスに接続しダイレクトレコーディングも行えます。

参考動画

Seymour Duncan PowerStage – Rise Above the Backline

PowerStage170とPowerStage700の国内未発売2機種の公式動画。どちらもPowerStage200よりも前に発売されたパワーアンプ。200の公式動画だけが何故か作られておらず謎。アンプシミュレーターの普及により高まったパワーアンプへのニーズにマッチした非常に良い製品だと思います。

ペダルタイプとラックタイプ、それぞれコンパクトでありながら大出力を誇ります。機能的には170はとにかくシンプルで700はステレオインアウトやキャビシミュを搭載。200はこの二つを融合させたようなモデルですね。

170と700も是非日本で販売して欲しいですね。

製品詳細

サウンドハウスで見る
主な仕様
  • 出力 : 200W(4Ω)
  • キャビシミュ搭載(4×12クローズドバック)
  • 3バンドEQ + プレゼンスコントロール
  • Aux in / ヘッドホンアウト装備
  • サイズ : W157 x D127 x H63.5 mm
  • 重量 : 1.3kg

最大出力は4Ωで200W、8Ωで約117W、16Ωは公称されていませんが大体60Wくらいになるでしょうか。インピーダンスの使い分けでステージから自宅まで、様々な場面での活躍が期待できます。

大音量時でもクリーンなサウンドを保ち、ペダルやプリアンプ、モデリングアンプなどとの相性は抜群でしょう。EQ及びキャビシミュはオンオフが可能。自身が気に入っている他社製のキャビネットIRなどを使用出来るのは音色の幅も広がり大きな利点ですね。

ギター用パワーアンプの選択肢自体があまり多くはないので、本製品の市場における存在感は今のところ別格。スーパークリーンなアンプヘッドとしてもコレ以上の製品は現状見当たらない!?

インフォ

●Seymour Duncan
https://www.seymourduncan.com/single-product/powerstage-200

●ESP
https://espguitars.co.jp/seymourduncan/1842

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次