SONY MDR-CD900ST >プロが使うド定番ヘッドホン

国内音楽業界のスタンダード・ヘッドホン。

プロも使う、迷ったらコレ。

目次

特徴

  • 1989年販売開始
  • モニタリング向け
  • 原音を忠実に出力

ソニーとソニー・ミュージックスタジオによる共同開発。1989年に業務用として販売が開始され、1995年には一般向けにも販売されるようになった。30年以上も業界標準とされるロングセラー商品。

MDR-CD900ST

サウンドハウスで見る
主な仕様
  • 形式 … 密閉ダイナミック型
  • ドライバー … 40mm、ドーム型
  • 最大入力 … 1,000mW
  • インピーダンス … 63Ω
  • 感度 … 106dB/mW
  • 再生周波数帯域 … 5~30,000Hz
  • ケーブル長 … 2.5m(ストレート)
  • プラグ … ステレオ標準プラグ
  • 重量 … 約200g(コード含まず)

レコーディングスタジオには必ずある、と言っても過言ではないド定番モニターヘッドホン。音漏れ厳禁なマイクレコーディングでは密閉型は基本。通常20000Hz以上は人間の可聴域外なので周波数帯域も充分。

音像や定位をクリアに再生し、極めてフラットな音質特性を持つ。ケーブルは2.5mと長めで直付け。まさに“仕事用”という仕様なのでリスニング用途にはどちらかと言えば不向き。

MDR-CD900STは国内流通量が圧倒的なので、消耗品であるイヤーパッドを他社製品よりも安く入手できるのもポイント。公式製品の他に互換品も多く販売されています。交換用イヤーパッドを入手できるか、価格はどうか、というのもヘッドホン選びの大事な要素の一つだと思います。

eイヤホン楽天市場店
¥17,690 (2023/01/15 19:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

インフォ

ソニー・ミュージックソリューションズ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次